かめらいふ

旅と写真と動物愛好家のカメラ日記。最近野鳥撮影にはまってます。

ルリクエII~光が丘公園・石神井公園編~(2021/03/16)

f:id:clanker208:20210331165247j:plain多磨霊園ルリビタキ♂とニアミスし、余計にモヤモヤを抱えながら探索継続。今回は練馬区の光が丘公園と、はしごで石神井公園に行ってきた。

 《アクセス》

光が丘:都営大江戸線「光が丘」駅を出てすぐ。

石神井西武池袋線石神井公園」を出て徒歩5分、三宝寺池までは15分ほど。

www.tokyo-park.or.jp

www.tokyo-park.or.jp

 《今日の目標》

ルリビタキ

《光が丘公園の水場にて》

今日は天気も良く、光が丘公園では親子連れが芝生で楽しそうに遊んでいたり、集まって将棋を指しているおじいさん方がいたり、地元の方々で賑わっていた。

公園にはバードサンクチュアリがあるほか、奥の方にある四阿・もみじ亭付近に水場があり、鳥が観察できる。バードサンクチュアリは土日しか開いていないので、もみじ亭を目指した。

公園に入るとシロハラがお出迎え。今日も元気に落ち葉をガサゴソ。f:id:clanker208:20210330223438j:plainこちらがもみじ亭の水場で、四阿を挟んで2か所にある。浅間山の水場に比べると、距離が近いのがうれしい。近距離なので姿勢を低くして、やってくる鳥たちを観察する。f:id:clanker208:20210331000408j:plain羽毛がボッサボサに乱れてちょいブサになっている鳥たちが可愛い( *´艸`)f:id:clanker208:20210330223420j:plainf:id:clanker208:20210331000412j:plainf:id:clanker208:20210331000414j:plain水場のほうに気を取られていたら……ルリ子ちゃん登場!f:id:clanker208:20210330223426j:plain……と思ったら、よく見ると頭の周りがうっすら青みがかっていたのでルリボーイだった。

水場にも降りてきたけど、ピントがしっぽに合ってしまった。これ、ピンボケじゃなかったら絶対可愛い表情。f:id:clanker208:20210331165314j:plain水浴びはせず、早々に退散してしまわれた。後からメジローズがドヤドヤとやってきたので、驚いちゃったのかも。

水場にやってくるのは、おもにシジュウカラ、たまにヤマガラ。時々メジロ、まれにルリビタキという感じ。f:id:clanker208:20210331165247j:plain順番待ち?背後のヤマガラがなんかシュール。

 水場の管理人さん(光が丘野鳥クラブの会員さん)が近くに座っていたので、ルリビタキ♂について聞いてみた。

「ここでは若雄しか見ないねぇ、青いのは石神井公園三宝寺池のほうではまだ見られるみたいだよ」と貴重な情報。まだ時間があることだし、石神井公園にハシゴすることを決める。

「これからキビタキとか夏鳥が来るから、またおいで」と管理人さん。キビタキオオルリが来る頃にまた来ます!

 

石神井公園へ》

光が丘公園と石神井公園は歩くと1時間くらい、さすがに遠いので電車で向かう。大江戸線で練馬から西武池袋線に乗り換えて20分くらいで石神井公園駅に到着。

公園には人工の石神井池と昔からある湧水池の三宝寺池があり、野鳥が多いのはもちろん自然に囲まれた三宝寺池カワセミスポットとしても有名のよう。

三宝寺池の周辺には木道が巡らせてあり、水鳥の姿を近くで楽しむことができる。見かけたのは白いサギ(いまだに大中小の識別ができない)やカモ、オオバンなどなど。そして、意外と見たことのなかったゴイサギ。赤い目がちょっと怖い。

f:id:clanker208:20210331164715j:plainにゅっ。サギにしては首が短いんだね。f:id:clanker208:20210331164722j:plain今日もかわゆいエナガちゃん(*´ω`*)

f:id:clanker208:20210331165000j:plainしかし、目当てのルリ男君には会えなかった。ルリビタキの目撃情報があった野鳥誘致林で観察窓を覗いてみたけど、キジバトしかおらず。ちょっと疲れていたこともあって、早々に引き返すことにした。

石神井池沿いを歩いて駅方面へ。こちらの池にはカモやオオバンカイツブリがいた。f:id:clanker208:20210331170032j:plain木の上にカメラを向けていた人がいたので、つられて頭上を見上げてみると……f:id:clanker208:20210331153833j:plain!?

文字通り異彩を放ちまくるこの鳥は……f:id:clanker208:20210331153837j:plain野生化した元ペット、インド・スリランカ出身のワカケホンセイインコ!(説明口調)

ダーウィンが来た!」でやっていたので存在は知っていたものの、初めて目に入った時のあの、一瞬時が止まったような、知らない次元に迷い込んだような衝撃が忘れられない。

この子は首の黒い線がないので♀ですね。桜の芽をモグモグむしっていた。お隣のヒヨドリが「おいおい、まだ花も咲いてないのにやめてくれよ……」と思っていそう。

 光が丘公園は、水場のおかげで初心者でも野鳥が見やすい穴場スポットだった。石神井公園は駆け足になってしまったので、またじっくり探鳥する機会を持ちたい。

 《出会った鳥》

初見:ルリビタキ若♂、ゴイサギカイツブリ、ワカケホンセイインコ(4種)

再会:シロハラシジュウカラヤマガラメジロエナガアオサギカルガモオオバン

 《出会った場所》

光が丘は全部もみじ亭周辺なので、地図は作りませんでした。石神井公園は時間のある時につくります。

《今日の一枚》f:id:clanker208:20210331154442j:plain悪魔的なフォルムの枝とコントラスト強めのヒヨドリ、葦原の色味の組み合わせが絵画っぽくてお気に入り。よく見たらくちばし真っ黄っ黄。また椿に頭突っ込んでいたのかい?