かめらいふ

旅と写真と動物愛好家のカメラ日記。最近野鳥撮影にはまってます。

岸辺の鳥は動かない(葛西臨海公園 2021/07/24)

f:id:clanker208:20210729182647j:plain
なんだかんだで世間では休日ムードが盛り上がり人出も多かった四連休。早朝だけ、鳥類園だけという決まりで久々に葛西に行ってきました。目当ては夏鳥のヨシゴイとコムクドリで。


すっきりした上の池

f:id:clanker208:20210729184056j:plain
上の池では茂っていたアシが伐採されて、かなり見通しがよくなっていた。 
f:id:clanker208:20210729181002j:plain
カルガモ親子がすいすい。幼鳥はもうすっかり大人の羽になって、親との違いは大きさだけだ。親鳥も少し余裕が出てきたのか、遠目で見守るような距離感だった。
f:id:clanker208:20210729180958j:plain
上の池対岸に、白いサギが止まっていた。
f:id:clanker208:20210729180027j:plain
こういう時、チュウサギやカラシラサギだったりして!と期待してズームしてみるんだけど、結局ダイサギなんだよな…。くちばしが黄色に戻ってきてる。
f:id:clanker208:20210729180037j:plain
せっかくなので、正面顔。小顔過ぎてなんだか笑える。
この日は上の池で植生管理作業が行われたので、今行ったらまた景色が変わっているんだろうな。

NOTヨシゴイBUTホシゴイ

池付近で話したご夫婦に、ヨシゴイが飛んでいた場所を教えていただいた。近くの木陰で出てくるのをしばらく待っていたけど撃沈。代わりに、ホシゴイが飛んでいくのを見かけた。後を追って、磯の小道の観察窓へ。
f:id:clanker208:20210729183237j:plain
止まり木にぽつんと佇むホシゴイ。獲物を狙うでもなく、ただじっとしていた。
f:id:clanker208:20210729183240j:plain
なんとなく、絵画のような雰囲気。
f:id:clanker208:20210729182647j:plain
静かに瞑想する哲人のような表情。動かない鳥と言えばハシビロコウだけど、ホシゴイというかゴイサギもなかなかのものだと思う。
f:id:clanker208:20210729182644j:plain
ゴイサギ成鳥は目が赤くて正直ちょっと怖いんだけど、ホシゴイは虹彩がオレンジで結構かわいい。
f:id:clanker208:20210729181048j:plain


近くのアシの茂みでは、めずらしくオオヨシキリが姿を見せてくれた。さすがにもうさえずっておらず大人しい。うるさくないオオヨシキリなんて…
f:id:clanker208:20210729175754j:plain
まぁこれはこれで可愛い。なんだか足がマッチョな感じだな。
f:id:clanker208:20210729180316j:plain
f:id:clanker208:20210729183622j:plain
このたくましい足のおかげで、こんな姿勢でもへっちゃらなんだろうね。
f:id:clanker208:20210729180314j:plain
あ、行っちゃった。

大迫力のアオサギ

ウォッチングセンターに戻る途中、上の池の水門前の狭いスペースにアオサギがでんと鎮座ましましていた。たむろしていたカニたちも、端っこに寄って避難中。
f:id:clanker208:20210729184507j:plain
距離がめちゃくちゃ近かったので、どアップを撮ってみた。
f:id:clanker208:20210729184509j:plain
やっぱりサギってなんか怖いよ!


《まとめ》
ヨシゴイにもコムクドリにも会えなかったけど、ホシゴイをじっくり見られたのでまぁいいか。公式ブログによれば早くもシギチの渡りが始まりつつあるそうなので、葛西での探鳥がまた楽しくなるな。
日が高くなってきたので、9時頃には引き上げた。帰りの電車や東京駅は人だらけだったので、やはり出かけるなら早朝にしよう。