かめらいふ

旅と写真と動物愛好家のカメラ日記。最近野鳥撮影にはまってます。

なんかのヒタキ(ふれあい松戸川 2021/09/21)

f:id:clanker208:20210926164109j:plain
水元公園を後にし、目指すはふれあい松戸川。河川敷のコスモス畑に、ノビタキが来てないかチェックも兼ねて。移動時間は3~40分ほどで、なかなかいい運動になるルートだった。

河川敷のチョウゲンボウ



江戸川の堤防を歩いていると、グラウンドのポールの上にチョウゲンボウを発見。
f:id:clanker208:20210929202135j:plain
今まであまり出会うチャンスがなかったけど、河川敷や農耕地が未開拓だっただけで結構身近な鳥なのかも。


河川敷には、見事なコスモス畑。あまり満開という感じではなく、すでに枯れている花もあれば、これからの花もある。段階的に咲いている感じだった。
f:id:clanker208:20210929202443j:plain
f:id:clanker208:20210929202452j:plain
f:id:clanker208:20210929202455j:plain
コスモスと言えばノビタキ。現地で話したバーダー氏によれば、まだこの辺りにノビタキは来ていないらしい。それに最近は土手の草刈りが進んで虫事情が変わったため、どうなるかはわからないと。今年も立ち寄ってくれればいいなぁ。

またまた混群



そのまま河川敷を歩き、鳥見スポット・ふれあい松戸川へ。記事にはしていないけど、3月に一度訪れたっきりだ。
川沿いの草が刈られていて歩きやすかった冬とは違って今は草木がぼうぼう、けもの道のような一本道があるだけ。前に来ていなかったら、入れることすら分からないようなスゴイ状態だった。


草をかき分け、川沿いを進んでいく。以前はアオジジョウビタキオオジュリン、ベニマシコなど冬鳥が満載だった道も今はモズの高鳴きと、シジュウカラチームの賑やかな声がするだけ。
f:id:clanker208:20210926164707j:plain
またもやエナガちゃんに会えてうれしい。
f:id:clanker208:20210926164712j:plain
よきお尻をしておられる。
f:id:clanker208:20210929202120j:plain
そしてひそかに好きなコゲラちゃん。目の白い斑が麻呂眉みたいで可愛いと思うんだ。
f:id:clanker208:20210929202123j:plain
よく見たら、くちばしの付け根が黄色い。今年生まれの若鳥たちが助け合って群れているのかも。若鳥でも立派なキツツキ、木クズをくちばしにつけているのが可愛い。
そして彼らのほかにも、思わぬ出会いが。

なんかのヒタキ



この鳥ってなぁ~に?
f:id:clanker208:20210926164105j:plain
この鳥ってなんだYO~!
f:id:clanker208:20210926164109j:plain
なんかのヒタキとかじゃない?
f:id:clanker208:20210926164319j:plain
って、元ネタ分かる人がいるかわからないけども。


混群を追いかけている途中、川沿いの葉影で飛び回る茶色い小鳥を見つけた。最初はウグイスだと思ったけど、よく見ると目がくりくりでヒタキっぽい。その場ではわからず、帰宅後さっそく調査開始!


(1)くちばしが全部黒 →コサメビタキではない
(2)尾羽~根元が茶褐色→オオルリキビタキ
(3)胸にうろこ状の模様がある→オオルリではない


結論、キビタキ♀か若♂!たぶん!


ヒタキに会えると思ってはいなかったので、嬉しいサプライズでした。渡り頑張れよ~!!



《 9/21 見つけた鳥》
・初見:なし
シジュウカラエナガカワセミムクドリコゲラチョウゲンボウキビタキ